大人気定番商品 MH-245 ヒラメ メタリア ダイワ(グローブライド)-ロッド・竿

shimano17カルカッタコンクエストBFS HGR *[] /メーカー[シマノ SHIMANO]
バレーヒル NEWバズスレイター BZRC-65MG (バスロッド ベイトキャスティング)(大型商品B)

大人気定番商品 MH-245 ヒラメ メタリア ダイワ(グローブライド)-ロッド・竿





仕様表


全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合
クランプ
サイズ
カーボン
含有率
(%)
2.4521261452.7/12.940-120SS94

穂先感度・食い込みの良さ・高い操作性で死角のない船ヒラメ完全攻略ロッド

穂先に『メタルトップ』、穂先部のガイドには『AGS』を搭載した高感度軽量ヒラメ竿。活餌の怯える動きも敏感に伝える高感度はヒラメの気配を探る上での強い武器となる。食い込みの良さと、狙い通りの誘いが可能な操作性をバランスよく融合。誘ってヒラメにアピールし、気配を感じて食わせる攻めの釣りが可能となる。ブランクにはネジレ防止の最適構造「X45」を採用し、軽快な操作性と大判とのやり取りでも安定なパワーを兼備。

前作の「メタリア ヒラメ」に対して大幅な細身化・軽量化を達成。調子も柔らかくて食い込みの良い点は維持しながら、より操作性と感度を向上させた最新トレンドのヒラメ調子に仕上がっている。

■メタルトップ
メタルトップがもたらす超弾性チタン合金ならではの金属的な超高感度は想像以上のアドバンテージとなる。ベイトがヒラメの気配を察知して暴れる感触、また竿先をわずかに動かした際に感じる魚のファーストコンタクト、いわゆる「モタレ」と呼ばれる違和感まで、その情報伝達能力はまさに「海中が見える」といっても過言ではなく、多くの名手が「メタルでないと取れないアタリがある」と評しているほど。

■穂先部AGS(エアガイドシステム)
ダイワだからこそ可能なカーボン成形技術を駆使した革新的カーボンガイドシステム。ガイドの軽量化の効果は竿の重量が変わることももちろんだが、同一のブランクでもガイドが軽量化されるだけで数ランク上のブランクに変わったかのように感じられる。AGSの軽量性はシャープかつ精度の高い操作性とともに、これまでの金属ガイドでは拾い切れなかったシグナルをも感知する驚きの高感度を生み出す。また糸が絡みにくく抜けやすい形状であると同時に、ガイド自体が軽量であるため竿ブレがほとんど無く糸絡み自体が少ない点もメリット。

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを持たせるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

1 / 2742